iphone

iPhone、高すぎて売れていない?安く購入するには?

  • 「iPhoneが高価すぎて手が出ない」
  • 「高すぎて売れていないと聞いたけど、本当?」
  • 「どうすれば安く買えるのだろう?」

上記のように思っている人は多いでしょう。近年は特にさまざまな要因が絡み、iPhoneの価格も高騰しています

そのせいで「高すぎて売れていない」と指摘されるようになりました。しかしiPhoneは、工夫すればある程度安く購入することが可能。

本記事ではiPhoneの価格を中心に詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneが高すぎる理由は?やっぱり全然売れない?

お金

最近のiPhoneは価格が高く、なかなか手が出ない人も多いでしょう。

実際に、iPhone14は今ひとつ売れない状態。Appleが想定したほどの需要が得られず、増産計画が頓挫したという報告もありました。

ただし日本では、高すぎてもある程度の需要は確保できています。その理由として以下4点が挙げられるでしょう。

  • 日本人はiPhoneが好き
  • 円安と半導体不足
  • そもそも、値段相応の価値がある

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

日本人はiPhoneが好き

iPhoneが高すぎても売れるのは、日本人がiPhoneを好むから。

iOSのシェアは、2022年で64.8%。しかも増加傾向にあり、Appleにとって日本は「稼ぎ場」といっても過言ではありません

人気が高い商品の価格が高騰するのは、市場の原理を考えれば自然です。だから日本では、iPhoneが高価になりつつあります。

しかし、日本人全員がiPhoneを好んでいるわけではありません。たとえばAndroid寄りのユーザーはそこまで価値を感じられず、「高すぎる」と感じる部分もあるでしょう。

円安と半導体不足

近年の価格高騰については円安もおおいに影響しています10月12日には、24年ぶり1ドル146円台に

これが原因で、Appleが日本での販売価格を一律で引き上げざるを得なくなりました。さらにiPhone14も円安の影響を受けて、かなり割高で世に出さなければいけないという厳しい状態になりました。

また世界的な半導体の不足も関係しているでしょう。需要増加や増産投資の打ち止めが相次ぎ、そもそもの生産数が限定されました。

もちろんこれは半導体の価格を高める要因です。iPhoneはその半導体を使っているので、当然ながら価格が高くなりました。

そもそも、値段相応の価値がある

iPhoneが高すぎるというよりも、そもそも値段相応の価値がある点も関係しています。

たとえばiPhone14Proなら、最新のチップや4800万画素以上のカメラ機能、洗練されたデザインなどすばらしい美点があります

個人の価値観にもよりますが、高くてもしょうがない部分はあるでしょう。

iPhoneを少しでも安く購入するテクニック

iPhone 上部

多くの人にとってiPhoneは高価なわけですが、今後急激に安くなるというのは考えづらいでしょう。

ユーザー側が少しでも安く買えるように工夫する必要があります。その方法として以下4つが考えられます。

  • オンラインショップを利用する
  • 古いナンバリングのiPhoneを購入する
  • 下取り制度を購入する
  • リユース品を狙う

それぞれ詳しく解説するので、ご参考にしてください。

オンラインショップを利用する

iPhoneを購入するなら、まずオンラインショップを利用するのがおすすめ。

ほとんどのキャリア・格安SIM業者ではオンラインで購入する何かしらの割引を適用しています。

万が一キャンペーンを利用できなくても、事務手数料が(税込3,300円)免除されるなどのメリットが。

さらにポイント還元などが実施されているケースもあります。

iPhoneを購入するならまずはオンラインショップを利用しましょう。

古いナンバリングのiPhoneを購入する

古いナンバリングのiPhoneを購入するのもひとつ。iPhoneが高いのは、最新に近いものを選ぶから起こること。

しかしナンバリングで妥協すればある程度安くおさえることが可能です。たとえばiPhone14シリーズは高ければ200,000円以上かかることも。

しかしたとえばSoftBankなら、iPhone12ProMaxが118,080円(税込)で販売されています。かならずしも最新機種でなくてもよいなら、ナンバリングで妥協するのもひとつ。

下取り制度を購入する

下取り制度を購入するのもひとつの方法です。これは古いiPhoneを買い取ってもらい、その金額を新規端末の購入費用に充当する仕組み。

金額はナンバリングや状態でさまざまですが、Appleの場合、iPhone13ProMacが100,000円で買取されることも。うまく下取りを活用すれば、相当な金額を浮かせられます。

リユース品を狙う

各社で販売されているリユース品を狙うのもひとつ。これは要するに整備済みの中古品のこと

リユース品なら、極端なケースで言えば7割引くらいの金額で売りに出されていることも。

中古でもよいならリユース品を探してみましょう。

メルカリなどで中古品を購入するのはおすすめしない

ちなみにメルカリやヤフオクなどで中古品を購入しようという人もいるでしょう。結論から言うと、これはまったくおすすめできません

なぜならキャリアによる整備がされておらず、「SIMカードを利用できない」「そもそもロックを解除できない」といったトラブルが起こりやすいからです。

何か問題あったとき、出品者と連絡が取れないなどの問題も。基本的にメルカリなどは利用しないようにしましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

iPhone かっこいい

本記事ではiPhoneが高すぎて売れない問題、そして安く購入する方法を解説しました

値段が高くなった理由は、Appleの方針や日本市場での人気の高さなど、ある程度普遍的で、どうしようもない点も挙げられます。

一方で円安や半導体不足は、今後改善される見込みがあります。特に円安は変動する相場なので、このままの状態が続くはずありません。

そういった条件を考えつつも、できるだけ安くiPhoneを購入できるように工夫してみましょう。まずはオンラインショップを見て回るのがおすすめです。

とうとう値下げ
iPhone13
iPhone12と13が値下げ!最大10,000円値引きだがまだ高い?

iPhone14が発売されて、毎回恒例の旧ナンバリングの値下げが始まりました。
1世代、2世代の端末でも問題ないユーザーにとってはとても重要な情報です。
各ナンバリングの値下げ額や各社対応について解説するので参考にしてください。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士