格安SIM

AndroidスマホOPPO Reno3 Aは余裕が進化した3万円台

投稿日:

2020年にもさまざまなAndroidスマホが発表されるなか、中国企業のOPPOは最新スマホ「OPPO Reno3 A」を発表しました。

価格面や性能面の釣り合いが重要視される昨今のスマホ市場において、OPPO Reno3 Aは魅力的な機能を備えたデバイスになっています。

Androidスマホへのデビューとしても、2台持ちのためにも使えるスマホになるので、これから購入を検討する人におすすめいたします。

こちらではOPPO Reno3 Aにスポットを当てて、その魅力とメリットをチェックしていきます。

2020年発売のスマホに注目するのなら、この機会にOPPO Reno3 Aの良さを把握してみましょう。

 

高いスマホも、安すぎるスマホも自分にはしっくりこないわ
お客様
スマホ戦士編集長
そんなときはミドルレンジスマホのOPPO Reno3 Aを見てみましょう

 

こちらも見てね
【2020年】格安SIM21社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM21社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注意点などをまとめました。 格安SIMはなぜ安いの? 格安SIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクという ...

 

OPPO Reno3 Aとは?

 

OPPO Reno3 A

引用元:OPPO Reno3 A 公式サイト

 

OPPO Reno3 Aとは、中国のスマホ企業が開発した2020年発売のAndroidスマホです。

キャリアでは取り扱われないSIMフリーのスマホになり、国内ではワイモバイルと楽天モバイル、その他各社MVNOで手に入れることができます。

OPPOは2018年から日本国内でも広まりつつあるスマホ企業で、「OPPO Find X」や「OPPO R15 Pro」、「OPPO A5 2020」などが販売されています。

OPPOは「Find」というハイエンド機、「Reno」というミドル機、価格重視のエントリー機である「A」シリーズという3つの構成で展開しています。

OPPO Reno3 Aはそのミドル機の最新機種として、多くのユーザー及び事業者から注目されているのです。

過去に発売された人気機種「OPPO Reno A」の後継機ということもポイントで、「余裕のあるスマホ」というキャッチコピーを受け継いで、「余裕が進化したスマホ」として発売されています。

OPPO Reno3 Aは前機種のOPPO Reno Aが築いた地盤を使って、さらに国内での人気を獲得することが予想されるでしょう。

 

OPPO Reno3 Aの機能について

OPPO Reno3 Aは、前機種から多くの機能面で進化を遂げているスマホとなっています。

特に魅力となる機能を、下記から確認してみましょう。

 

4眼カメラによる美しい写真・動画の撮影が可能

OPPO Reno3 Aは4眼カメラを搭載しているため、日頃から写真や動画を綺麗に撮影することが可能です。

約4,800万画素という高性能カメラのおかげで、暗所でもくっきりとした写真を残すことができます。

ウルトラナイトモードなどのシステムを使いこなせば、シーンに応じた高品質の写真が簡単に撮影可能です。

写真や動画を撮影する機会が多い人でも、安心してOPPO Reno3 Aを利用できるでしょう。

メインカメラの他にも、119°の撮影が行える超広角カメラがあるため、広い範囲を被写体とした撮影を楽しめます。

イベントなどの撮影時にも、OPPO Reno3 Aのカメラは活躍してくれるでしょう。

電子手ブレ補正をONにすれば、動きながらの動画撮影でも安定した映像を残せます。

動画撮影に慣れていないとしても、満足のいく映像をしっかりと撮影できることがOPPO Reno3 Aのカメラの魅力です。

 

4,025mAhのバッテリーで長時間の利用にも耐えられる

OPPO Reno3 Aのバッテリー容量は「4,025mAh」という大きさになっているため、充電のスパンが長くなっても使いやすさが損なわれることがありません。

1日の中で充電できる機会が少ないときには、大容量バッテリーを搭載したOPPO Reno3 Aは魅力となります。

「Quick Charge」対応なので充電時間も短く、すぐに再びの長時間利用に対応してくれるのも特徴。

バッテリーの面でも、OPPO Reno3 Aは高い満足度を実現してくれるでしょう。

 

メモリやストレージも安心できる水準

OPPO Reno3 Aは、「Snapdragon 665」のSoCと6GBのメモリ、128GBのストレージを保有しています。

スマホの利用中は高パフォーマンスに期待できるため、多くのアプリを併用するなどの効率重視の使い方も可能です。

128GBの容量が足りなくなっても、OPPO Reno3 Aは最大で256GBのmicro SDに対応しています。

必要に応じて容量を増やせる点は、Androidスマホならではの特徴です。

 

防水&防塵による安心感

OPPO Reno3 Aは防水防塵(IP68)対応のスマホなので、日頃から安心して使いやすいという点も魅力になっています。

突然の雨に降られたり、誤ってスマホを状態の悪い場所に落下させたりといったトラブルがあっても、故障のリスクを下げることができるでしょう。

OPPO Reno3 Aの防水防塵機能は、前機種と比較して等級がIP67→IP68に引き上げられています。(ちなみにIP67は、iPhone7と同じ規格です)

機器の故障が気になる人でも使いやすくなる防水防塵スマホなので、その点が購入の理由になることもあるでしょう。

 

ゲームブースト2.0によるゲーム重視の体験

OPPO Reno3 Aに搭載されているゲームブースト2.0を使うことで、スマホゲームがスムーズに楽しめるようになります。

タッチサンプルレートやリフレッシュレートが最適化されるため、快適な操作性による良好なゲーム体験が実現するのです。

本体の画面も6.44インチと大画面になっていて、FHD+有機ELディスプレイが採用されています。

迫力を求めてスマホゲームをするときにも、OPPO Reno3 Aは最適な機種のひとつになり得るでしょう。

 

OPPO Reno3 Aのメリットとは

上記のような性能を加味した上で、OPPO Reno3 Aを使うことのメリット・魅力を考えていきます。

なぜOPPO Reno3 Aが国内で注目されるのかを、下記の要素から分析してみましょう。

 

価格と性能が程よく釣り合っている

OPPO Reno3 Aは価格と性能が程よく釣り合っているスマホだと考えられるため、ストレスフリーで使いやすいというメリットがあります。

ハイスペックのスマホは必要ない、けど低性能すぎるとイライラしてしまう。

そういったときのちょうど良い存在として、OPPO Reno3 Aは注目されることになっているのでしょう。

「高いスマホを買ったけど性能を使いこなせない」「安いスマホを買ったせいで満足のいく使い方ができない」

そういった感想はどちらもストレスになり、スマホを買ったことを失敗と思わせる原因になります。

その点OPPO Reno3 Aは価格とスペックの釣り合いによって、使用時に極端な不満を起こしづらいと考えられるでしょう。

商品のキャッチコピー通り「余裕のある」使い方ができることが、OPPO Reno3 Aを購入する理由になるのではないでしょうか。

値段も3万円代となっていて、スマホの中でも手を出しやすい価格帯になっています。

この機会にOPPO Reno3 Aのスペックと価格を確認し、自分が求める端末とちょうど良いか考えてみることもおすすめです。

 

まとめ

 

OPPOって知らなかったけど、すごく良さそうなスマホね!
お客様
スマホ戦士編集長
ミドルという中間を代表するスマホとして、今後も人気が出るかもしれませんね

 

こちらも見てね
【2020年】格安SIM21社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM21社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注意点などをまとめました。 格安SIMはなぜ安いの? 格安SIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクという ...

役に立ったら
いいね ! してね

-格安SIM
-,

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.